PR

 富士通は5月31日、SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)を構成するためのスイッチ「ETERNUS VS900」を発表した。最大の特徴は、専用ソフトを組み込むなどサーバー側に手を加えずにSAN上のストレージ群を仮想化できること。仮想化を受け持つソフトをVS900上に搭載することで実現した。価格は1400万円から。

 VS900は、2Gビット/秒のファイバチャネル・ポートを16個備える。このポートに、SANに対応したストレージ機器を接続する。同社のシステム運用管理ソフト「Systemwalker Resource Coordinator」を併用すれば、仮想的なディスク・ボリュームの設定といった各種の管理をGUIで実行できる。

 現時点では、VS900に接続できるストレージは富士通製の「ETERNUS」シリーズのみ。ただし、「今後は日立製作所やEMCなど他社製品も使えるようにする」(富士通の松島 等 ストレージシステム事業本部ストレージソリューション事業部長)計画だ。

 VS900はブロケード コミュニケーションズ システムズ製のスイッチをベースに開発した。出荷を6月30日から。

高下 義弘=日経コンピュータ