PR

 SAPジャパンは7月5日、人事・勤怠管理分野でソニーと提携したと発表した。ソニーの非接触型ICカードFeliCaカードやFelica対応の携帯電話を使って、SAPの人事管理システムに出退勤データを自動入力できる仕組みを共同開発し、今後は両社でマーケティング活動や販売パートナ企業の支援を展開する。

 開発したのは、SAPの人事管理アプリケーション群「mySAP ERP HCM」とソニーの勤怠管理ASPサービス「インターネット・タイム・レコーダー」を連携させる仕組み。SAPジャパンが、インターネット・タイム・レコーダーが管理する出退勤データをmySAP ERP HCMに取り込むためのインタフェースを開発した。

 インターネット・タイム・レコーダーは、パソコンに接続したカードリーダーにFeliCaカードやFelica対応携帯電話をかざすと、出退勤データを登録できるASPサービス。ソニーが2004年4月に開始し、現在約150社が利用しているという。

玉置 亮太=日経コンピュータ