PR

 オブジェクト指向のソフトウエア開発を手掛けるITサービス会社の豆蔵は8月3日、自社の開発方法論を、マイクロソフトの.NET技術に全面対応させることを発表した。併せて、同方法論を使ったコンサルティング・サービスにも乗り出す。

 豆蔵が開発するのは、システムの分析から設計、開発までをカバーする独自の方法論「enThology」の.NET版。enThologyは、UMLを使った業務プロセスのモデリングや、工学的知識に基づく要求定義に重点を置いた方法論である。.NET版では、マイクロソフトが今年末に出荷を予定している開発ツール「Visual Studio 2005 Team System(VSTS)」や、マイクロソフト独自の開発方法論「Microsoft Solutions Framework(MSF)」に対応する。

 VSTSは、GUIを使ったプログラミングのほか、要求定義から設計、テスト、プロジェクトマネジメントまでソフトウエア開発プロセス全般を支援するツールになる。多機能な半面、使いこなすには、それなりのノウハウが必要になる。「enThologyに沿ってVSTSを使えば、ユーザー企業はより効果的にVSTSを利用できるようになる」(豆蔵)という。コンサルティング・サービスでは、そうしたノウハウをユーザー企業やITベンダーに提供する。

 Javaによるシステム開発でスタートした豆蔵だが、最近は.NETによるシステム開発との両面展開を進めている。今回のenThology.NET版の開発で、VSTSのノウハウをいち早く取り込み、.NETの分野でも先頭集団を走りたい考えだ。

玉置 亮太=日経コンピュータ