PR

富士写真フイルムのFDiネットサービスは,Webサイトを使った写真プリント・サービス。大容量の画像データをアップロードする必要があるため,ブロードバンド回線の普及に合わせてユーザー数が急増中だ。帯域管理装置の導入やインターネットVPN,SOAP対応など,システム面もブロードバンド時代を意識した構成である。

(杉山 泰一)

FDiネットサービスのシステム開発責任者である原誠・富士写真フイルム宮台技術開発センター主任研究員

WindowsXPは,FDiと連動したMSNのWebサイトからプリント注文ができる機能を持つフォルダ「マイ ピクチャ」を装備

 富士写真フイルムがWebサイトを使って提供中の「FDi フジカラーネットサービス」(FDiネットサービス)は,ディジタル・カメラ(デジカメ)で撮影した画像データを写真プリントやポストカードにするサービスだ。

 このサービスは,まさにブロードバンド時代にこそ真価を発揮する。ユーザーがアップロードする画像データの情報量が多ければ多いほど,銀塩写真と見間違うほどきれいな写真プリントが得られるからだ。

ブロードバンドとWinXPが追い風

 プリントに向くデジカメの画像データは,少なくとも1枚当たり数百Kバイトになる。また,通常は一度に複数の画像データをプリント注文する。必然的に,定額料金で高速なADSLやCATVインターネットなどのブロードバンド回線を使いたくなる。

 実際にFDiネットサービスのユーザー数は,ブロードバンド回線が普及し始めた2001年初めころから急増している。「登録ユーザー数は8月末で6万人に達し,年末には10万人に届く勢い」(富士写真フイルム感材部業務課の樋口淳氏)である。

 FDiネットサービスには,さらに追い風が吹く。11月16日発売のマイクロソフトの新OS「WindowsXP日本語版」に,FDiネットサービスと連動したMSNのWebサイトに自動的にアクセスできる機能が搭載されるからだ。「マイ ピクチャ」と呼ぶフォルダ内に画像データを保存すれば,ウィザード形式で簡単に写真プリントを注文できるようになる。

システム側もブロードバンドに対応

 FDiネットサービスは,システム面でもブロードバンド時代を見据えた大容量対応の仕組みを持つ。

 例えば,FDiネットサービスのWebサイトには,通常のEC(電子商取引)サイトと異なりユーザー側から断続的に大容量データが送られてくる。そこで帯域管理装置を導入して,インターネット接続回線を効率良く使う工夫を施した。

 WAN回線のコスト削減にも手を打った。FDiネットサービスは,富士写真フイルムのデータ・センターと約40社の写真現像会社のシステムとを結んで実現している。その間の通信には→インターネットVPNを活用。セキュリティを確保しながら,高速化とコスト圧縮の両立を試みている。

 また11月から,インターネットを利用した新しいシステム連携形態として注目されるWebサービスに対応した点も特徴だ。XML文書をやり取りするSOAPプロキシ/リスナーを導入して外部システムとの連携を容易にし,他社のWebサイトにFDiネットサービスを提供する体制を強化した。

※全文は,日経コミュニケーション2001年11月5日号をご覧下さい。

図 FDiネットサービスを実現するネットワーク・システム
本番用サーバー群のあるセグメントと,テスト用サーバー群のセグメントに大別できる。各サーバーをできるだけ単機能化することで負荷分散を実現。また,約40社ある写真現像会社とデータ・センターの間の接続回線はすべて,フレーム・リレーやISDNからインターネットVPNへ移行している最中である。データ・センターとインターネットの間は8Mビット/秒超のATM専用線で接続。この回線をFDiネットサービスのためだけでなく,会社の公式ホームページへのアクセス回線としても利用するため,帯域管理装置を導入して適宜スループットを調整している。

 本記事は日経コミュニケーションからの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。