PR

 スウェーデンのエリクソンは9月18日,J-フォン・グループと次世代携帯電話システム「IMT-2000」関連設備の納入契約を結んだと発表した。J-フォン・グループはエリクソンの基地局や交換機などを使って,2001年中にまず東京,大阪,名古屋でサービスを開始する予定である。

 J-フォン・グループは,次世代携帯電話サービス方式として「W-CDMA」を採用する。同グループに出資する日本テレコムの坂田浩一社長は,エリクソンを選んだ理由として(1)W-CDMAのリーディング・サプライヤであり,モバイル・インターネットのリーダーであると評価したこと,(2)長年の取引関係および現行ビジネスへの継続的な支援,の二つを挙げている。エリクソンはJ-フォン・グループの現行の携帯電話サービスでも,94年から主要納入ベンダーの1社。同社は既に,W-CDMA事業に関して世界で9件の契約を結んでいる。

(杉山 泰一)