PR

 関東圏で「東京電話」を提供している東京通信ネットワーク(TTNet)は12月14日,市内通話料を現行の3分9円から8.7円に引き下げると発表した。値下げは,ユーザーが電話会社を事前登録する電話会社選択サービス「マイライン」が始まる2001年5月1日に実施する。

 市内電話サービスに関しては11月28日に日本テレコムが,また12月11日にKDDIが,それそれマイライン開始と同時に3分8.8円で参入すると発表している。TTNetは,日本テレコムやKDDIよりも0.1円下回る新料金を設定することで新規参入に対抗した。

 今後の焦点は,これまで市内電話サービスを事実上独占してきたNTT東西地域会社の出方。現在は3分10円だが,「他社と同水準の市内料金を設定する」(NTT東日本幹部)としており,マイラインの登録受付が始まる2001年1月10日までには新料金を発表する模様である。

 マイラインは,利用する電話会社をあらかじめ登録すればユーザー側で「0088」(日本テレコム)や「0077」(KDDI)などの電話会社識別番号のダイヤルが不要になるサービス。交換機が自動的に,事前登録した電話会社に通話を接続する。

(吉野 次郎=日経コミュニケーション)