PR

 オンライン証券会社のイー・ウイング証券と日本オンライン証券は1月17日,合併することで合意したと正式に発表した。新会社の名前は「カブドットコム証券」で,合併期日は4月1日を予定している。開業時点の口座数は約7万になる見込み。

 新会社のシステム・インフラは,日本オンライン証券のものを踏襲する。ただ,日本オンライン証券に比べて新会社のユーザー数が倍以上に増えることもあり,合併に向けてシステム拡張を進めている。現在WindowsNT4.0で実現しているシステムOSをWindows 2000の最上位版「Windows 2000 Datacenter Server」に更改するほか,アプリケーション・サーバーの負荷分散が可能なシステム構成とする。

 システム拡張に当たって日本オンライン証券は,マイクロソフトとインテルの両社から支援を受けている。マイクロソフトはWindows2000の導入面で,またインテルは将来のシステム構成の面から新会社のシステム拡張をサポートしていく。

(松本 敏明=日経コミュニケーション)