PR

 NTT-MEは3月1日,動画などストリーム・データのコンテンツ配信環境を提供する「ME WAVE 映像配信サービス」を開始した。最大10万ユーザーに対してコンテンツの同時配信が可能。課金や認証,コンテンツ制作支援などのメニューも用意して,自力ではコンテンツ配信を実現できなかった企業や個人も利用できるようにする。

 NTT-MEは,最高1Gビット/秒の速度でインターネットに接続する配信用サーバーを国内3カ所に設置。「配信用サーバーはインターネット・バックボーンに接続しているので,海外にも安定したコンテンツ配信が可能」(NTT-ME)と言う。

 同サービスを利用するユーザーは,コンテンツ配信用サーバーを持つ必要がない。オプションで提供される認証や課金,チャットなどのサービスを利用すれば,会員向け有料サービスなども展開できる。さらにNTT-MEは,インターネット用コンテンツ制作会社であるデジコンと提携,コンテンツ制作支援もメニューとして用意する。

 料金はエンドユーザーが同時に接続するストリーム数によって異なるが,リアルタイム映像配信の場合1日40万円(1000ストリームまで)から。オンデマンド映像配信の場合,月額20万円(400ストリームまで)からである。

(阿蘇 和人=日経コミュニケーション)