PR

 KDDIは5月17日,様々な情報機器同士をつなぐ短距離無線インタフェース「Bluetooth」を内蔵したcdmaOne方式携帯電話機「C413S」(ソニー製)を6月中旬から発売すると発表した。国内のBluetooth対応製品としてはすでにノート・パソコンやPHS用の外付けアダプタなどがあるが,内蔵携帯電話はこれが初めて。

 Bluetoothは,携帯電話やパソコン,携帯情報端末など様々な機器同士を,ケーブルを使わず2.4GHz帯の電波で接続する無線インタフェース。例えば,C413Sをポケットやかばんの中に入れたままノート・パソコンなどとBluetoothでつなぎ,C413Sのデータ通信機能を使ってインターネットへダイヤルアップ接続するといった使い方が可能になる。C413S同士で,スケジュールやアドレス帳などのデータを交換したり,占いやゲームなどを楽しむこともできる。

 C413SはBluetoothの通信規格に「Bluetooth1.0b+CE」(critical eratta)を採用している。これは,現行のBluetooth対応製品の多くが準拠している「bluetooth1.0b」より相互接続性を高めた規格。ただし,現在は相互接続性を検証している最中で,C413Sとの接続性を保証する機器は当初,ソニー製のBluetooth内蔵型ノート・パソコンに限られる。具体的には現行製品の「PCG-SR9G/K」と「PCG-C1VRX/K」,およびソニーが近日発売を予定している「PCG-SR9M/K」と「PCG-C1 VSX/K」の計4機種。KDDIは他社製品についても継続的に接続確認試験を実施し,随時ホームページなどで公開する方針である。

 C413SはBluetoothへの対応だけでなく,メール作成機能も重視した。「POBox」と呼ぶソニー独自の予測変換入力機能を備え,手間のかかる日本語入力作業を軽減させた。また,256色の半透過型STN液晶ディスプレイを搭載して,従来のソニー製cdmaOne端末より明るさを向上させた。連続通話時間は約210分,連続待ち受け時間は約220時間。Bluetoothの通信機能を利用中の連続データ通信時間は約140分,連続待ち受け時間は約210分である。標準価格は5万6200円。

 また,KDDIは同日,6月または7月に提供を予定している携帯電話向けJavaアプリケーション・サービスの名称を「ezplus」(イージープラス)に決定したことを発表した。KDDIは同サービスで,先行するNTTドコモよりも高機能なJavaアプリケーションを開発できるよう環境を整える。Bluetooth対応携帯電話の提供と合わせ,製品・サービスの両面でNTTドコモを追撃する。

(高槻 芳=日経コミュニケーション)

◎IT Pro注:関連記事
「Bluetooth機器市場は年平均360%成長,2005年に9億5500万台規模へ」と米In-Stat
エリクソンがBluetooth対応の“地域限定”無線通信プラットフォーム「BLIP」
ソニーとエリクソンが携帯電話機事業を統合へ,合弁設立で覚え書調印
QUALCOMM,cdmaOne用プラットフォーム「BREW」のデモ,ソフト6社が参加
知っておきたいネットワーク・トレンド(無線LANとBluetoothの干渉)
【解説】携帯電話向けJavaプラットフォーム