PR

 オムロンと東京海上火災保険は5月23日,GPS(全地球測位システム)と携帯電話を組み合わせた自動車盗難防止システムを開発したと発表した。自動車の盗難に対する阻止機能と通報機能を持つ。ユーザーはWebブラウザ機能を持つ携帯電話(ブラウザフォン)から随時自動車の状況を把握できる。

 オムロンは同システムを利用したサービスを来春までに開始する予定。サービスを利用するには,車両に取り付ける専用の機器が必要で,本体は3万円前後。このほか機器の取り付け料と月額料金が別途必要。専用機器はGPSシステムと携帯電話のパケット通信機能を組み合わせたものである。

 新システムは「警戒モード」と「追跡モード」の二つの自動車盗難防止モードを持つ。専用機器に付属するリモコンでユーザーが警戒モードに設定すると,専用機器の通信機能を使い,インターネットを介してオムロンが管理する「M2Mセンター」に設定した旨が通知される。これを受けて,M2Mセンターは確認のため,ユーザーのブラウザフォンに警戒の開始をメールで告げる。

 警戒モード中にだれかがドアやトランクを開けると,車両のハザードが点滅。ユーザーのブラウザフォンにも即座に警告がメールで届く。車の位置情報や扉の開閉状況もブラウザフォンで確認できる。これまでの自動車盗難防止システムの多くはこの時点でクラクションを鳴らしていた。しかしオムロンと東京海上は,家族や友人がドアを開けて誤動作する場合が多いと判断,この時点ではクラクションは鳴らさないことにした。この状態からさらにエンジンがかかると,再度警告メールがユーザーに届き,クラクションが鳴る。また,運転し始めると停車時にランダムにクラクションが鳴る仕組みになっている。

 ユーザーがもう一つの追跡モードに変更すると,随時車両の位置を確認できる。車体の位置情報はGPSで把握する。位置情報の取得には料金がかからない。

 ありがちなユーザーのモード変更忘れを防止する工夫も施した。車が停止してから15分間が経っても警戒モードまたは追跡モードになっていない場合には,M2Mセンターがユーザーにモードの変更を促すメールを配信する。

(閑歳 孝子=日経コミュニケーション)