PR

 関西電力の子会社であるケイ・オプティコムは6月14日,2.4GHz帯の無線インターネット「eoメガエア」(イオ・メガエア)の試験サービスを6月16日から開始すると発表した。試験サービス期間は9月上旬まで。無線システムの品質を検証したうえで,10月から月額4000円台の料金で本格サービスを開始する。

 サービスでは,電柱に設置した無線基地局とインターネットとの間を,同社が持つ光ファイバで結ぶ。ユーザー宅には無線機とアンテナを設置。これと基地局との間を最大1Mビット/秒で無線通信する。実験期間中は無線システムとして,米シスコ・システムズ製とイスラエルのブリーズコム製の2種類を導入。本サービス開始までに,両システムの適性を評価する。

 試験サービスを開始するのは,大阪府堺市土師町を中心とした約3キロ平方メートルの地域。既に11基の基地局を設置済みで,100世帯が実験に参加することが決まっている。