PR

 NTT東日本とNTT西日本,エフエム東京,ラジオ番組の供給会社であるジャパンエフエムネットワーク(JFNC)の4社は6月18日,共同でブロードバンド向けのコンテンツ配信会社を設立すると発表した。新会社名は「ティーエフエム・インタラクティブ」(TFMi)。インターネットを経由してコンサートや,ラジオ番組に連動した画像などの大容量コンテンツを配信し,併せて広告事業も展開する。

 対象とするユーザーは,ADSL(asymmetric digital subscriber line)サービスやFTTH(fiber to the home)サービスなどの利用者である。コンテンツをBS(放送衛星)やCS(通信衛星)放送,CATV会社にも販売する。

 TFMiは7月9日に設立の予定。7月末にまず,NTT東西地域会社のADSLサービス「フレッツ・ADSL」ユーザー向けに試験配信を開始し,今秋に本格サービスを始める。出資比率はエフエム東京が48.6%,NTT西日本が33.6%,JFNCが14.3%,NTT東日本が3.5%。資本金は7億円である。

(吉野 次郎=日経コミュニケーション)