PR
 NTTサテライトコミュニケーションズ(NTT-SC)は8月23日,企業向けの衛星マルチキャスト通信サービス「Mega Wave Pro」に新メニュー「IP-VPN衛星マルチキャストサービス」を追加した。

 Mega Wave Proは,ファイルや動画などのデータを通信衛星を使って複数の地点に同報するサービス。これまで利用企業は,配信データを送信するために東京・品川にあるNTT-SCのアップリンク・センターまで専用線でつなぎ込む必要があった。今回追加したIP-VPN衛星マルチキャストサービスでは,この部分の接続にIP-VPN(IP-virtual private network)が使える。

 距離にかかわらず定額制のIP-VPNと組み合わせたことで,複数の拠点や地方拠点からのマルチキャスト配信が容易になる。また送信先が数十を超える場合は,IP-VPNだけで送信する場合に比べてランニング・コストを大幅に節約できるメリットもある。ユーザーにとってIP-VPNと衛星マルチキャスト通信の両方の長所を取り入れることができる。

 NTT-SCが接続を確認したIP-VPNサービスは,NTTコミュニケーションズの「Arcstar IP-VPN」。これ以外のIP-VPNサービスにもユーザーの要求に応じて対応する。IP-VPNマルチキャスト通信サービスの料金は,従来のMega Wave Proと同じ。24時間64kビット/秒の帯域を確保して100カ所に同報する場合,月額48万円になる。
(阿蘇 和人=日経コミュニケーション)