PR

 三洋電機ソフトウエアは9月1日から,ADSL(asymmetric digital subscriber line)対応インターネット接続サービス「SANNET ADSL-eオプション」に従量制コー スを追加する。

 ADSL-eオプションは,イー・アクセスのADSL回線を使ったサービス。イー・アク セスはADSL回線を流れるデータ量を回線ごとにログとして記録している。三洋電機 ソフトがこのログ・データをイー・アクセスから取得し,課金の計算に用いる。

 新たに追加するのは,「ブロードバンドライトコース」および「ブロードバンド スタンダードコース」の二つの従量制メニュー。ブロードバンドライトコースの月 額料金は,通信量に応じて2300~4800円の間で変動する。全く通信しなかった場合 2300円となり,どんなに通信しても4800円止まりである。

 内訳は,ADSL-eオプションの基本月額料金2000円のほか,「コース月額利用料金 」として月額300円が必要。このコース料金で通信できるデータ量は100Mバイトまで 。超過料金は100Mバイト当たり100円で,上限は2500円。基本月額料金を合わせると 4800円が上限となる。

 もう一つのブロードバンドスタンダードコースの月額料金は2800~4800円。基本 月額料金2000円のほか,コース月額料金800円で2Gバイトまで通信可能。超過分100M バイト当たり100円,超過分の上限は2000円である。基本月額料金を合わせると最大 4800円となり,これはライトと同じ。

 両メニューの月額費用の分岐点は毎月600Mバイトになる。600Mバイト超ならスタ ンダード,未満ならライトが割安となる。600Mバイトのデータ・サイズは,スルー プット600kビット/秒のADSLサービスで約2時間データをダウンロードし続けた程度 の量。

 このほか,従来提供してきた「フルタイムコース」を月額3800円に値下げした。