PR

 KDDI研究所は10月15日,IPの次期バージョン「IPv6」とマルチキャスト配信技術を活用した,動画の多地点中継の実験を開始すると発表した。実験は親会社のKDDIと電通国際情報サービス(ISID)の3社で進める。実験結果は,今後のIPv6を利用したコンテンツ配信ビジネスに生かす。

 今回の実験では,KDDIが通信インフラを提供。ISIDが機器の設置・運用を担当し,KDDI研究所が全体を統括する。実験はまず,10月17日から開催される日本消火器病関連学会で実施する。メインとなる京都の会場と,札幌医科大学,東京医科歯科大学,滋賀医科大学,琉球大学の5地点をマルチキャスト技術を使って結び,講演の模様などを同時中継する。

 実験ではKDDI大手町ビルに専用サーバーを設置し,5地点に双方向型のマルチキャスト通信をする。通信回線には,通信・放送機構(TAO)が運用する「研究開発用ギガビットネットワーク」(JGN)を使う。東京医科歯科大からJGNのアクセス・ポイントがあるKDDI大手町ビルまでは,光無線で接続。それ以外の地点からアクセス・ポイントまではKDDIが実験用に敷設した光ファイバで接続する。

 JGN内は,TAOが10月1日に試験運用を開始したIPv6サービスを使う。映像や音声の配信は,専用のディジタル・ビデオ配信装置「DVTS」(digital video transport system)を使用する。

(蛯谷 敏=日経コミュニケーション)