PR
 無線機器の開発・販売を手がけるルートは12月11日,IPv6対応の2.4GHz帯無線IPルーター「RGW2400」シリーズを開発したと発表した。IPv6に対応した無線LAN機器の発表としては,今回が世界で初めてとなる模様。12月15~16日にパシフィコ横浜で開かれる生活者向けブロードバンド・インターネット展示会「Net.Liferium(ネットライフリウム)2001」に出展する。

 ルートのこれまでのRGW2400シリーズは,IPv4のルーティング機能を持つ無線LANの親機(アクセス・ポイント)。主に屋外における自営無線ネットワークの構築や,通信事業者による無線インターネット・サービスに使われている。今回,ルートはこのルーティング機能をIPv6に対応させた。これまでノキアなどがIPv6ネットワーク中で無線LANを利用したケースがあったものの,役割はレイヤー2の無線ブリッジとしてだった。

 今回展示するNet.Liferium2001のコンセプトは「インターネットが創る新しい生活」。IPv6対応の家電機器も各種出展される見込みである。ルートはIPv6対応のRGW2400をこれらの家電と接続して,IPv6ネットワークのデモを公開する予定だ。
(野沢 哲生=日経コミュニケーション)