PR

 ソフトバンク・グループは12月18日,ADSL(asymmetric digital subscriber line)インターネット・サービス「Yahoo! BB」のユーザー向けに,IP電話サービスを開始すると発表した。

 12月末からモニターを募集して順次試験サービスを開始,2002年春に本サービスに移行する。サービス名は「BB Phone」。加入電話への通話料は,国内,海外ともに距離を問わず3分7.5円の一律料金と低料金に設定した。BB Phoneのユーザー同士なら通話料は無料。

 BB Phoneは,ユーザー宅の電話機とADSLモデムの間にVoIP(voice over IP)アダプタをつないで利用する。月額利用料は,基本料390円に加えて,VoIPアダプタのレンタル料として月額140円,合わせて530円がかかる。

 「110」,「119」などの緊急電話や,携帯電話,PHS,フリーダイヤルあての通話は提供しない。ユーザーがこうした番号をダイヤルすると,VoIPアダプタが番号を認識して,VoIPアダプタにつないだNTT電話回線経由で発信する。ADSL回線やVoIPアダプタに障害が出た場合も,NTT回線につなぐようにしてある。

 孫正義ソフトバンク社長は,「ADSLサービスのYahoo! BB向けに,ダーク・ファイバを利用して全国の1143カ所のNTT局を結ぶバックボーンを構築済み。IP電話のために大きな投資をしなくてよいので格安で提供できる。他の通信事業者は,なかなか同程度の料金で同じサービスを提供できない」と他社に対する優位性を強調した。

 BB Phoneの本格サービス開始時期には,全国1600局あるNTT局のうち,約1200局でサービスを提供する予定。音声符号化方式など技術の詳細はコメントしなかったが,「音声データを優先させるQoS(quality of service)を活用して高品質な電話サービスを提供する」(孫社長)という。