PR

 米チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの子会社である米ソファウエア・テクノロジーズは12月18日,家庭向けセキュリティ・ゲートウエイ「SofaWare S-box」を発表した。S-boxはファイアウォールとウイルス対策,URLフィルタリングを組み合わせたアプライアンス製品。日本では2002年前半に出荷する。日本での販売価格は決まっていないが,米国と同等程度の4万円以下になる見込み。

 S-boxの特徴は,プロバイダやデータ・センター側に設置するS-box専用の管理サーバーと対にして使うこと。管理サーバーでウイルス定義ファイルや有害サイトの情報を更新すれば,家庭などに設置したS-boxの情報も自動的に反映される。S-box単体では使えないため,プロバイダなどがS-boxを買い取り,ユーザーに貸し出す形式になりそうだ。

 ファイアウォールには,米チェック・ポイントの技術「ステートフル・インスペクション」を採用した。URLフィルタリングでは米サーフコントロールと,またウイルス対策についてはトレンドマイクロと技術提携する。WAN側は10Mを1ポート,LAN側は10M/100Mのスイッチング・ハブを4ポート搭載。PPPoEにも対応し,NTT東西地域会社が提供する常時接続回線「フレッツ」シリーズも利用できる。