PR

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は,DDIポケットのPHSサービスを利用した企業向けの定額データ通信サービス「KWINS(クインズ:KCCS Wireless IP Network Service)」を1月1日から開始した。1クライアント当たり月額6800円の固定料金で,インターネット接続サービスに加えて,オプションで企業内LANにアクセスするイントラネット接続サービスも利用できる。

 KWINSは,DDIポケットが2001年9月に始めた大口利用向けデータ通信サービスである,「無線IP接続サービス」を利用して提供している。現在の通信速度は32kビット/秒だが,2002年春には料金据え置きのままで128kビット/秒に速度を上げる予定。イントラネット接続サービスでは,KCCSのNOC(network operation center)で認証やセキュリティ・チェックなどを行い,社内LANへの不正アクセスを防ぐ仕組みを用意する。イントラネット接続サービスの利用には,KCCSのセンター(東京都)と企業の拠点を接続する回線料金が追加で必要になる(クライアントの追加料金はなし)。

 KCCSはKWINSサービスで,初年度に5万ユーザーを獲得し,35億円を売り上げる計画。既に複数の大手企業が導入を決めているという。

(玄 忠雄=日経コミュニケーション)