PR

 大手インターネット接続事業者(プロバイダ)のインターネットイニシアティブ(IIJ)は2月12日,ブロードバンド・ユーザー向けに動画などのコンテンツを高速配信するネットワーク・インフラ「CDNプラットフォーム」を構築し,4月から事業化すると発表した。

 CDNプラットフォームは,全国9カ所にあるIIJグループのデータ・センターを使って構築した,インターネットを介さない専用網上のコンテンツ配信サービス。様々なトラフィックが混在するインターネットと,コンテンツ配信インフラを切り離すことで,配信時の品質やセキュリティを管理しやすくしたのが特徴である。

 IIJは,CDNプラットフォームをADSL(asymmetric digital subscriber line),FTTH(fiber to the home),CATVインターネットなどのブロードバンド回線事業者と相互接続して配信対象ユーザーを広げる計画。対象世帯数は,4月の開始時点で約100万世帯,2002年12月までには約600万世帯となる計画。IIJは総務省発表資料から,2002年末時点の国内のブロードバンド・ユーザー数が900万人に達すると予測しており,そのうちの3分の2以上が対象となるインフラを構築する。

 4月時点ではCATVインターネット事業者30局と,NTT東西地域会社が提供するフレッツADSL,Bフレッツの東京,愛知,大阪などの一部地域のユーザーが対象になる。その後,全国のフレッツADSL,Bフレッツの提供エリアや,イー・アクセスやアッカ・ネットワークスなど独立系xDSLサービスなどに対象を広げる予定。従来,IIJはコンテンツ配信サービスとしてCATVインターネット事業者20局を対象とする「HSMN(high speed media network)」サービスを試験提供していたが,今後このサービスは,CDNプラットフォームに統合する。

(滝沢 泰盛=日経コミュニケーション)