PR

 ツーカー・グループは2月13日,携帯電話機で利用できるインスタント・メッセージ・サービス「ツーカーメッセンジャー」を3月中旬から提供すると発表した。同時に販売を始める新端末「TT21」で利用できる。サービス・エリアはツーカー・グループのサービス・エリア(東名阪)内。

 インスタント・メッセージは,事前に登録したメンバーの間でリアルタイムに短いメッセージをやり取りするもの。ツーカーメッセンジャーでは,ユーザーが「現在多忙」といった自分の状況をサーバーに登録しておくことで,他のユーザーから状態を確認できる。状態確認画面からは,インスタント・メッセージを送るほかに,電話をかけたり,チャットやメールを送信することもできる。複数メンバー間でメッセージをリアルタイムにやり取り(チャット機能)することも可能だ。

 同サービスの月額基本料金は無料。通信費は状態更新料,チャット通信料ともに,1回ごとに2円。メッセージの通信には,ショート・メッセージ・サービスの「スカイメール」とパケット通信機能を併用する。

 ツーカー・グループは4月をめどに,ツーカー・メッセンジャーをブラウザフォン・サービス「EZweb」対応機でも利用できるようにする。今後販売するTT21以外の携帯電話機に,初めから同サービスの機能を組み込むかどうかは未定である。