PR

 エルミックシステムは2月8日,組み込みシステム向けのIPv6プロトコル・スタック「KASAGO IPv6」を発表した。4月から販売活動を開始,7月末に出荷を始める。

 KASAGO IPv6の特徴は,暗号化プロトコルであるIPsec(IP security protocol)に対応したこと。組み込み用IPv6プロトコル・スタックでIPsecに対応したのはKASAGO IPv6がはじめて。IPv4とのデュアルスタックになっており,IPv4/IPv6の同時通信や,IPv6パケットをIPv4パケットにカプセル化するトンネリング接続も可能になっている。

 エルミックシステムは,モバイル機器や家電などIPv6プロトコル・スタックの市場は有望だと判断。今後もKASAGO IPv6の機能拡張に注力するという。2002年末から2003年前半予定の次期機能拡張では,移動端末用のMobile IPv6などの実装を計画している。

 KASAGO IPv6は,C言語のソース・コードとサンプル・プログラム,マニュアル--の形で提供する。価格は個別見積もり。既に利用を決定しているユーザーを含めて,2003年度に5億円の販売を見込む。

(阿蘇 和人=日経コミュニケーション)