PR

 NTTドコモは3月15日,「公衆無線LANモニターサービス」を4月15日に開始すると正式に発表した。実験期間は6月30日までの2カ月半。3月20日からモニターの募集を始める。

 NTTドコモの新サービスは,2.4GHz帯の電波を使う無線LANの標準規格IEEE802.11bに準拠した無線端末を使って,公衆エリアからインターネットや各種のアプリケーションへの接続環境を提供するいわゆる「ホットスポット・サービス」。同社のWebページ(www.nttdocomo.co.jp)で1000人のモニターを募集する。料金は無料。サービスの提供エリアは,東京の帝国ホテル,ホテルオークラ,東京国際フォーラム,千葉市の幕張メッセ,ドコモの関連施設3カ所など。

 NTTドコモは今回の実験の目的として,同社の第3世代携帯電話(3G)サービス「FOMA」などとの連携サービスの開発を挙げている。携帯電話サービスの最大手であるNTTドコモが無線LAN利用のサービスへ参入すれば,ホットスポット・サービスばかりでなく,3Gサービスの行方という点でも,国内外に大きな影響を与えそうだ。

(野沢 哲生=日経コミュニケーション)