PR

 ソフトバンク・グループは4月19日,3月から試験提供してきたIP電話サービス「BBフォン」を4月25日に本サービス化すると発表した。

 同グループは,これまでADSL(asymmetric digital subscriber line)インターネット接続サービス「Yahoo! BB」ユーザー向けにBBフォンを試験提供してきた。試験サービス時には,本サービス開始後は月額基本料390円,電話機を接続するためのターミナル・アダプタ利用料月額140円を徴収すると発表していた。しかし本サービス化後は,Yahoo! BBユーザー向けは月額基本料を無料とする。また,Yahoo! BBを契約しなくてもBBフォンだけを利用できるよう,BBフォンの単独サービスも開始する。

 本サービス化に当たりソフトバンク・グループは,BBフォンをYahoo! BBの標準サービスに位置付けた。今後,新規に加入するユーザーには,従来のADSLモデムに代えて,電話機接続用のアダプタ機能を内蔵したADSLモデム「コンボモデム」をレンタルする。コンボモデムのレンタル料は月額690円。従来のADSLモデムの月額550円より140円割高となる。ただし既存のYahoo! BBユーザーに対しては,設置済みのADSLモデムと接続可能なターミナル・アダプタを無償で配布する。

 BBフォンの単独サービスは,月額基本料390円とコンボモデムのレンタル料月額690円で提供する。インターネット接続サービスは利用できず,IP電話サービスだけを利用できる。通話料は,BBフォンのユーザー間は無料,NTT加入電話へは3分7.5円など,Yahoo! BBユーザー向けと同一。

(阿蘇 和人=日経コミュニケーション)