PR

 NTT-MEは千葉市・幕張で開催中の「NetWorld+Interop 2002 Tokyo」会場で,Bluetoothを利用したディジタル・コードレス電話システムを展示した(写真)。Bluetooth対応の専用コードレス子機を使い無線基地局を介して,ほかの子機やLAN上のパソコンなどと通話できる。また,ADSL(asymmetric ditital subscriber line)などのブロードバンド回線につながったパソコンをゲートウエイにして,固定電話との通話も可能である。

 同社はこのコードレス電話システムを,家庭やオフィスだけでなく飲食店などの公共エリアへ導入することも検討している。これに先駆けて発表したIEEE802.11b方式無線LANアクセス・サービス「ネオモバイル」と並行して実証実験を進めていく。

 具体的にはネオモバイルのエリア内にある一部のコンビニエンス・ストアや駅構内などにBluetooth基地局を設置。7月中にも,無線チップセット・ベンダーの米マイクロチューンと共同開発したBluetooth子機とUSB対応Bluetoothアダプタを使って,フィールド実験を始める見通しである。なお,基地局や端末管理用サーバーなどのインフラ設備にはイスラエルのコミルの製品を採用している。