PR

 米国のベンチャー企業であるタイメトラ・ネットワークスは,千葉市・幕張で開催中の「NetWorld+Interop 2002 Tokyo」において同社が開発中のエッジ・ルーターの概要を発表した。同社のバジル・アルワン社長兼CEOが明らかにしたもの(写真)。

 アクセス回線としてはイーサネットとSONET/SDHをサポート。L2あるいはL3におけるVPN(virtual private network)機能やL2,L3のスイッチング,QoSなどの機能を提供する,また,監視機能や各種診断機能によってSLA(サービス品質保証契約)を可能にする。

 技術的には,独自のネットワーク・プロセサを開発し,その上のアプリケーションとして各種機能を実装。機能拡張が容易にできる上,さまざまな機能を組み合わせてもスループットが低下しないという。

 製品は現在一部の顧客で評価中。年内に出荷開始予定。日本国内ではエスシー・コムテクスが販売する。

(松原 敦=日経コミュニケーション)