PR

 日本通信は9月6日,PHSによる定額データ通信サービス「bモバイル・プリペイドサービス」の新メニュー「U100C」と「U-100C-6M」を14日から提供すると発表した。インターネットにつなぎ放題の定額データ通信料とコンパクト・フラッシュ(CF)型PHS端末をパッケージ化したもので,最大128kビット/秒でのモバイル・データ通信が可能になる。従来はPCカード型端末しかなく,PDA(携帯情報端末)では利用できなかった。

 新メニューの料金はいずれもオープンだが,データ通信の最大利用期間が1年間のU100Cが9万円弱,6カ月間のU100C-6Mが5万3000円前後になる見通し。また同社は11月をめどに,いずれのメニューについても,6カ月間の期間延長で3万9000円の更新プランを用意する予定である。

 bモバイル・プリペイドサービスは,DDIポケットが提供する最大128kビット/秒のパケット通信サービスを,日本通信がMVNO(仮想移動通信事業者)方式で借り受けて個人向けに提供している。Webコンテンツやメールのデータ量を圧縮してデータ通信の体感速度を向上させるなど,独自の機能を備えている。