PR
 ウイルス対策ソフト大手のトレンドマイクロは9月19日,Webブラウザ経由のウイルス感染を防ぐ新製品「InterScan WebProtect 1.0 for ICAP」と,フィルタリング・ソフトの新版「InterScan WebManager 2.1」を発表した。それぞれ,10月7日,10月11日から出荷を始める。

 InterScan WebProtect 1.0 for ICAPは,WebサーバーなどにHTTP(hypertext transfer protocol)経由で侵入するウイルスを検査・駆除するソフト。HTTP以外に,Webブラウザでソフトをダウンロードする際などに利用するプロトコル「HTTP over FTP(file transfer protocol)」にも対応する。

 Webサーバーのほか,キャッシュ・サーバーのウイルスも検査・駆除が可能。ただし,キャッシュ・サーバーが通信プロトコル「ICAP」(internet content adaptation protocol)に対応していなければ使えない。ICAPに対応したキャッシュ・サーバーは現在,米ネットワーク・アプライアンスと米ブルー・コート・システムズ(旧米キャッシュフロー)の2社が出荷している。

 InterScan WebManager 2.1は,Webブラウザで閲覧できるURLを制限するソフトの新版。私的なWeb閲覧を防止する。新版では,(1)拡張子やファイル名での閲覧制限,(2)閲覧できるWebブラウザの種類やバージョンの設定,(3)LDAP(lightweight directory access protocol)サーバーによるユーザーのアクセス権などの一元管理--などの機能を追加した。

 価格はいずれもライセンス数により異なる。例えば,InterScan WebProtect 1.0 for ICAPは,25ライセンス以下の場合で1ライセンスあたり3950円。InterScan WebManager 2.1は30クライアントまでで23万8000円など。
(蛯谷 敏=日経コミュニケーション)