PR

 NTT-MEは,大容量のNAS(network atttached strage)機器「BBFILER」(ブロードバンドファイラ)シリーズを順次出荷する。2U(高さ約9cm)のラックマウント型で最大2テラバイトの「BBFILER201」を10月28日から,1Uサイズのラックマウント型で最大1テラバイトの「BBFILER101」を11月中旬から,それぞれ販売する。

 BBFILERはクライアント・パソコンのOSを問わない。標準で10/100BASE-Tのインタフェースを二つ備えている。この2ポートを利用することでトランキング機能が使える。トランキングとは,2本のイーサネットを仮想的に1本のインタフェースとして扱える機能のこと。帯域を増やせるとともに,冗長化の役割を果たす。

 オプションで,ギガビット・イーサネット・インタフェース,SCSIインタフェースを追加できる。自動バックアップ・ソフトが標準で添付されている。

 価格はオープンだが,BBFILER201が130万円で,BBFILER101が75万円程度。企業向けに販売するほか,BBFILERを利用した企業向けソリューションも今後展開する予定である。

(山根 小雪=日経コミュニケーション)