PR

 国内のxDSL(digital subscriber line)加入者数が,3月末に700万を突破した。総務省が4月11日に公表したデータによれば,ADSLをはじめとするxDSLサービスの3月単月加入者数は2月から43万3172増えて,累計702万3039回線に到達した。ただし,単月ごとの増加数は2002年12月が約53万,2003年1月と2月が約47万増だったため,増加ペースはやや減速している。

 事業者別の加入者では,ソフトバンクBBが提供する「Yahoo! BB」が1カ月で18万1000増の236万3000。累積のシェアは33.6%だった。一方,NTT東西地域会社の提供する「フレッツ・ADSL」は,255万7550(NTT東日本が143万146,NTT西日本が112万7404)。累積シェアは東西NTT合わせて36.4%である。

 3月の単月シェアは,ソフトバンクBBが33.6%,NTT東日本が20.4%,NTT西日本が16.1%。2月末は,ソフトバンクBBが33.1%,NTT東日本が20.3%,NTT西日本が16.3%だった。ここ数カ月は,ほぼ同水準で推移している。