PR

 NTT東日本は11月19日,下り速度が最大40Mビット/秒のADSLサービスを12月17日から提供すると発表した。上り速度は1Mビット/秒。40メガADSLを投入するのは,イー・アクセス,トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズ(T-COM)に次いで3社目となる。

 40メガADSLは,24メガADSLとサービス品目,価格とも変更しない。「フレッツ・ADSL モアII」,「フレッツ・ADSL モアIIアドバンスドサポート」,「フレッツ・ADSL ビジネスタイプ」の利用ユーザーがモデムを40メガ用に変更すれば利用を開始できる。モデム・レンタル料金は24メガよりも50円高い月額540円。

 開始当初のサービス・エリアは東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県の一部地域。新規,変更とも11月21日から受け付けを開始する。

(山根 小雪=日経コミュニケーション)