PR

 京都府警察本部ハイテク犯罪対策室と五条警察署は11月27日,愛媛県松山市の男性A(19歳)と群馬県高崎市の男性B(41歳)を著作権侵害の疑いで逮捕した。両容疑者はファイル交換ソフト「Winny」を使い,著作権者に無断で映画の動画ファイルやゲーム・ソフトを不特定多数のインターネット・ユーザーに送信できる状態にした疑い。

 これは著作権の一つである公衆送信権の侵害に当たる。逮捕された男性Aは任天堂の携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」用のゲーム・ソフト57タイトルを,男性Bは映画「ビューティフル・マインド」などを送信可能な状態にしていた。過去にもファイル交換ソフト「WinMX」のユーザーが逮捕されたことはあったが,Winnyのユーザーの逮捕は今回が初めて。Winnyユーザーの逮捕者が出たことによって,ファイル交換ソフトによる著作権侵害やトラフィック圧迫の歯止めになると考えられる。

 Winnyは国産のファイル交換ソフトとして広く普及している。ファイル交換ソフトの監視を続けてきたコンピュータソフトウェア著作権協会では,今年1月の時点で22万5000人がWinnyの利用経験があると推測する。

 最近では著作権侵害以外にも,インターネット接続事業者(プロバイダ)のトラフィックを圧迫するなど問題化していた。「多い時は,全帯域の半分くらいをWinnyなどのファイル交換ソフトで占有される」というプロバイダもある。ぷららネットワークスは,Winnyのトラフィックに対して一定の制限をかけると発表している。

(武部 健一=日経コミュニケーション)