PR

 NTT持ち株会社の和田紀夫社長は3月10日,定例会見の中でNTT東西地域会社が総務省に申請した2004年度の事業計画に言及した。2005年3月に東西NTT合わせてFTTH(fiber to the home)サービス「Bフレッツ」の累計加入者数200万を目指す点について,「達成しなければならない」とコメント。Bフレッツを,減少が続く加入電話収入に代わる収益基盤として早期に育てる必要性があると示唆した。

 和田社長は会見で,Bフレッツの拡大策として「開通までの時間を短縮したり,Bフレッツのコンテンツを充実させていくことが大事」と説明。「東西NTTの社長に聞いてもかなり手応えはあると聞いており,個人的には達成できると見ている。できれば200万を超える回線獲得を目指したい」(和田社長)と語った。

 2003年度のBフレッツ増加数は,NTT東日本が30万,NTT西日本が35万の見込み。2003年度当初の計画であった各50万には到達できない見込み。それでも2004年度は,東西NTTともに60万へと倍増させる計画である。

(蛯谷 敏=日経コミュニケーション)