PR

 ネットワーク・インテグレータのインテック コミュニケーションズは3月30日,新しいセキュリティ・サービスの開始を発表した。4月1日から不正アクセス監視サービス「EINS/MSS+」を開始する。

 同サービスは,企業ネットワークへの不正アクセスを監視するサービス。セキュリティ・サービス事業者の米カウンターペイン・インターネット・セキュリティと共同で提供する。社外からの不正アクセスだけでなく,企業内部からの不正アクセスも検知できるのが特徴だ。

 サービス提供には,「セントリー」と呼ぶ装置をユーザー拠点に設置する必要がある。セントリーはIDS(不正侵入検知)装置,サーバー,ルーター,ファイアウォールのアクセス・ログを収集して自動的にログを整理。セキュリティに関するログだけを,米カウンターペインとインテック コミュニケーションズに送信する。送信されたログを専用のソフトウエアを使ってさらに選別。選別されたログを専門のアナリストが分析し,問題がある場合はユーザーに通知する。

 料金は月額50万円から(税抜き,以下同)。この料金には,ファイアウォールとIDSの運用サービス,ネットワークの脆弱性検査が含まれる。監視する機器の数が増えると料金は高くなる。

 また6月1日からは,認証局サービス「EINS/PKI+」も開始する。公開鍵暗号の持ち主を証明する電子証明書を発行するサービスで,セキュリティ製品ベンダーのRSAセキュリティと共同で提供する。ユーザーが独自に構築した認証局の運用を,インテック コミュニケーションズが請け負うアウトソーシング・サービスも開始する。
 
 料金は,不特定多数に対して発行し,電子商取引などに使える「パブリック証明書」の場合,SSLサーバー証明書が年額5万円。社内ネットワークなど特定のユーザーが対象で,独自の基準で発行する「プライベート証明書」は,100クライアントの場合で1クライアント当たり2500円必要になる。

(白井 良=日経コミュニケーション)