PR

 ソフトバンクは5月25日,一部報道された米投資会社のリップルウッド・ホールディングス傘下の日本テレコムを買収する案件について,「検討しているのは事実。ただし,具体的な内容に関して現時点で決まったものはない」とのコメントを発表した。

 日本テレコムは,NTTグループ,KDDIに次ぐ規模を持つ固定通信事業者。2003年11月にリップルウッドが英ボーダフォン・グループなどから買収したばかりで,2004年2月には日本IBM出身の倉重英樹氏が社長に就任していた。

 リップルウッドは「進行中の交渉案件については一切コメントできない」(リップルウッド関係者)としている。

(蛯谷 敏=日経コミュニケーション)