PR

 プラネックスコミュニケーションズは6月22日,MIMO(multiple input multiple output)と呼ばれる最大108Mビット/秒の高速LAN無線技術を使った無線アクセス・ポイント「CQW-AP108AG」,無線LANカード「CQW-NS108AG」を発表した。MIMOの統合チップセットの開発などで知られる,米エアゴー・ネットワークスのOEM製品となる。MIMO技術を使った製品の登場は日本市場では初。プラネックスは,今回の製品によって本格的に法人市場に参入する。8月中旬に発売予定。予想実売価格は無線アクセス・ポイントが12万8000円,無線LANカードが1万9800円。

 MIMOは複数のアンテナを利用して高いデータ伝送速度を得る技術。最大108Mビット/秒の通信が可能のほか,IEEE 802.11a/b/gとの下位互換性も確保する。周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯を用いる。発表会場でのデモでは,約45Mビット/秒のスループットを記録した。通信の到達距離も既存の無線LAN製品の2~3倍はあるという。同技術は無線LANの標準化組織であるIEEE 802.11が次世代無線LAN「IEEE 802.11n」の有力候補として標準化を進めている段階。高スループットや広範囲な到達距離へのニーズがあるとして,標準化を待たずに製品化に踏み切った。

 無線アクセス・ポイント「CQW-AP108AG」はセキュリティ機能も充実する。ユーザー認証用にRADIUSサーバーを内蔵するほか,セキュリティを強化したSNMPv3を使った管理者の認証も可能。最大16グループのバーチャルLAN機能も持つ。

 なお米エアゴー・ネットワークスは,プラネックスのほか太陽誘電,米ソーホーウエア,台湾アスキーともOEM契約を結んだことも明らかにした。

(堀越 功=日経コミュニケーション)