PR

 総務省は7月6日,2004年の「情報通信に関する現状報告」(平成16年版情報通信白書)を公表した。情報通信白書では,国内のブロードバンド加入者数は3月末で1495万に到達した上,月額料金は海外各国より大幅に安いと説明。日本のブロードバンドは,「世界最高水準に達した」と評価した。

 白書では,ブロードバンドの料金と速度で各国の状況を比較した。2003年10月時点で最大10M~100Mビット/秒のサービスを比べると,最も安いのはソフトバンクBBのADSL(asymmetric digital subscriber line)サービス「Yahoo! BB 12M」。その後をKDDIや有線ブロードネットワークスのFTTH(fiber to the home)サービスなどが続く。トップ10の中で日本以外のサービスだったのは,カナダの無線サービスとスウェーデンのFTTHサービスだけである。さらに,100kビット/秒当たりの月額料金を比べると,日本が0.09ドルと最も安かった。

 一方,ブロードバンドの情報格差「デジタル・デバイド」の状況も明らかになった。ブロードバンド未提供エリアは,3月末時点で全国の16.7%の町村。特に,過疎地域ではブロードバンド整備が遅れており,約4割がブロードバンドに加入できない状況だった。

(中川 ヒロミ=日経コミュニケーション