PR

 NTTコミュニケーションズと衛星通信事業者のJSATは8月4日,衛星回線を使ってウイルス対策ファイルやセキュリティ・パッチを配信する試験サービスを開始すると発表した。衛星回線経由であるとネットワーク型ウイルスの影響を受けないため,いつでも確実なサービス提供ができるという。

 試験サービスは「サイバーセキュリティネットサービス」という仮称で12月1日から始める。主に企業ユーザーを対象としたサービスだ。

 JSATが衛星回線による配信ネットワークやアンテナなどの宅内機器を用意。NTTコミュニケーションズがウイルス対策ファイルやセキュリティ・パッチ・ファイルの配信管理,配信用システムなどの構築を担当する。

 試験期間を設ける狙いは,ユーザー需要の確認や,ファイル,パッチの配信体制の検証などを実施するため。2005年3月31日に試験サービスを終了し,検証後に商用サービスを開始する。NTTコミュニケーションズのセキュリティ・パッケージ・サービスの一つとなる予定だ。

(宗像 誠之=日経コミュニケーション