PR

 インターネット接続事業者(プロバイダ)のインターネットイニシアティブ(IIJ)は8月10日,2004年4月~6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比4%増の86億7500万円。営業利益は1億円の赤字となったが,前年同期の12億600万円の赤字から大幅に改善した。

 事業の柱であるインターネット接続サービスは回線の低廉化により収益は減少しているが,セキュリティやサーバー・ホスティングなどの付加価値サービスが堅調に伸びた。「売り上げ増とコスト削減の効果が表れた結果。第1四半期は売上高,営業利益とも年間で最も低くなる時期であり,来期以降は増収増益が期待できる」(IIJの渡井昭久・最高財務責任者)。

 7月以降も,企業のメール・システムの構築やセキュリティ対策といったアウトソーシング需要に応え,収益基盤を確保する。「IPv6やAuto IDなどの新技術にも積極的にコミットして将来の事業化につなげていきたい」(IIJの鈴木幸一社長)。