PR

 関西電力子会社のケイ・オプティコムは8月23日,FTTH(fiber to the home)サービスの大幅値下げと既存の電話番号を使えるIP電話サービスの提供を発表した。9月1日から開始する。

 値下げするのは,「eoホームファイバー」と呼ぶFTTHインターネット接続サービス。最大100Mビット/秒で,月6300円で提供中である。これを9月1日から,月4900円に値下げする。

 さらに,「06」などから始まる既存の電話番号をそのまま使えるIP電話サービスも開始する。サービス名は「eo光電話」。「110」,「119」などの緊急通話も利用できる。このほか,発信者番号表示,非通知着信拒否,迷惑電話拒否,転送電話などの付加機能も利用できる。付加機能の料金は,それぞれ月210円である。

 IP電話の利用料は,アダプタ料金として月額300円と通話料がかかる。ケイ・オプティコムのユーザー同士は通話料は無料だが,別のIP電話サービスにかける場合は3分8.4円,近畿のNTT加入電話へは3分7.77円,近畿以外のNTT加入電話へは3分8.4円となる。

 NTT西日本も9月から,集合住宅向けに既存の電話番号を使えるIP電話サービスを提供する計画。ケイ・オプティコムはFTTHサービスの値下げと合わせてIP電話サービスを開始し,ユーザーを囲い込む作戦だ。

(中川 ヒロミ=日経コミュニケーション