PR

 「音楽プレーヤーを携帯電話のヘッドセット代わりに利用」──。NTTドコモは,10月5日から幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN」の会場で,FOMA端末と連携したシリコン・オーディオ・プレーヤーを参考展示している(写真)。

 オーディオ・プレーヤーはソニーが開発。「アイワ」ブランドで販売する。FOMA端末との通信には,短距離無線規格「Bluetooth」を利用する。

 着信の仕組みは次の通り。音楽再生中にFOMA端末に着信が入ると,音量が自動的に絞られ,着信音が流れる。オーディオ・プレーヤーのボタンを押すと,プレーヤー本体に内蔵したマイクを通じて通話できる。「携帯電話機をカバンに入れていても,着信を逃さない。安心して音楽を楽しめる」(NTTドコモ)と言う。

 オーディオ・プレーヤーはソニーが11月にも発売する予定。価格については未定だが,通常の音楽プレーヤーと同じ程度にしたいとしている。