PR

 シスコシステムズは10月26日,VoIPやファイアウォール,VPN(仮想閉域網),IPS(intrusion prevention system:侵入検知遮断システム)などを盛り込む,新しい統合型ルーター「Cisco Integrated Services Routers」(ISR)を発表した(写真はCisco ISR 3800シリーズ)。様々な機能を一つのきょう体に組み込み価格を抑えているのが特徴。大企業の支店・支社向きの製品だ。11月1日から販売開始する。

 今回販売するのは「Cisco ISR 1800」1機種,「Cisco ISR 2800」4機種,「Cisco ISR 3800」2機種の計7製品。全製品の共通機能はルーター,VPN,IPS。中でも特徴的なのはVPN機能の一つダイナミック・マルチポイントVPN(DMVPN)機能。

 通常,拠点間のVPN通信では,本社のセンター側と支社の間にトンネルをそれぞれ張るスター型の構成を採ることが多い。これは,メッシュ型の構成にすると,支社のルーターのIPアドレスが変わったとき,すべての拠点でIPアドレスを手動で変更する手間がかかるため。スター型はアドレス管理は容易だが,センター側に大きな負荷がかかる。

 DMVPNは,メッシュ型ながらアドレス管理を容易に実現できる。支社ルーターのIPアドレスが変わると,センター側のルーターが新アドレスを学習する。各支社のルーターはセンター側のルーターからの新アドレスを取得し,支社のルーターとダイレクトにトンネルを張る。センター側のルーターはVPNパケットを中継しないため,センター側の処理負荷は軽い。

 Cisco ISR 2800と3800はシスコのVoIP製品のCallManagerのサブセット「Cisco CallManager Express」の機能も持つ。また,CallManagerを集中配置した際,本社と支店間のWANに障害が発生してもルーターが代わりに呼処理を行い,内線,外線通話を継続するSRST(Survivable Remote Site Telephony)機能も搭載する。価格はCisco ISR 1800が21万8400円から,Cisco ISR 2800が34万200円から,Cisco ISR 3800が202万5450円から。

■セキュリティ対策が満載!日経コミュニケーション特集記事の予告■
この秋より日経コミュニケーション本誌では、情報漏洩に直結するネットワーク・セキュリティの対策法をどこよりも速く、深くお届けします。具体的なテーマや記事内容については、こちらのページからどうぞ。