PR

 総務省は1月11日,「平成17年度(2005年度)電気通信サービスモニターの募集」を発表した。個人ユーザーからモニター約1000人を募集し,通信サービスに関する意見や要望を聞いて今後の政策に反映する。年2回実施するアンケート調査や,各地域で年1回開催するモニター会議を通じて意見を収集する。

 アンケートでは総務省が決めた質問項目に沿って,モニターが利用するサービス名やそのサービスに支払っている通信料金などを調査。モニター会議では,通信サービスの料金やサービス,サポートなどに対するモニターの意見を聞く。

 モニター希望者は,はがきに住所,氏名などの所定事項を記入して1月20日から2月21日までに各地域の総合通信局に送付する。応募資格は20歳以上の通信サービスのユーザーであること。ただし総務省や通信事業者に勤務経験のあるユーザーやその家族,過去にモニターを経験のあるユーザーは除く。