PR

 メディアドライブは1月21日,同社の名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング v.4.0シリーズ」をインターネット電話ソフト「Skype」と連携させると発表した。同名刺管理ソフトから1クリックで,Skype電話がかけられるようになる。2月4日に,Skypeと連携するための追加ソフトを同社Webサイトで無償公開する予定。

 Skypeはパソコン上で動くインターネット電話のソフトフォン。ルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーズが開発・配布する。メディアドライブによると,「現在はSkypeのIDを手入力しなければならないが,将来的にはIDをOCRで認識できるように機能拡張したい」としている。

(武部 健一=日経コミュニケーション