PR

 2月24日に開幕したNTT持ち株会社の「NTT R&Dフォーラム2005」では,基調講演にNTT持ち株会社の和田紀夫社長が登壇。大入り満員の会場は熱気に包まれた。

 和田社長は冒頭,「情報通信は大転換期を迎えている」と述べ,米国で進む大規模な通信事業者の合従連衡や,固定電話とモバイルの融合サービスFMC(fixed mobile convergence)が潮流となってきたことなどを説明した。米SBCコミュニケーションズによる米AT&Tの買収劇については,「AT&Tが買収されたことは我々にとって非常に大きなショック。大きな動きが起こっていると感じた」とコメントした。

 さらに,NTT持ち株会社が2004年11月に打ち出した固定電話網のIP化構想「光・IP化計画」にも言及。光・IP化計画は,世界的な通信業界の大きなうねりの中でNTTグループが進む方向と位置付けた。「NTTだけではブロードバンド化に伴うセキュリティや通信と放送の融合,電気通信分野での環境負荷の低減といった大きな課題を解決できない。他の通信事業者やメーカー,国との連携が必要。だから光・IP化計画をあえて公表した」(和田社長)と述べた。

 NTT R&Dフォーラム2005は,神奈川県横須賀市のNTT横須賀研究開発センタで2月24日と25日の2日間にわたって開催中。NTT持ち株会社配下にある複数の研究所が最新の技術開発動向を展示やワークショップで公開する。

(山根 小雪=日経コミュニケーション