PR

 ロンドンのアールズ・コート・カンファレンス・センターにて,2月28日から3月2日(現地時間)にかけて固定電話と携帯電話の融合に関する国際会議「Fixed-Mobile Convergence」(主催:IIR Telecoms & Technology)が開催中だ(写真上)。

 Fixed-Mobile Convergence(FMC)とは,文字通り固定電話(Fixed)と携帯電話(Mobile)を収れん(Convergence)させるサービスのこと。例えば,一つのハンドセット端末で,家の中では固定電話として,家の外では携帯電話としてシームレスに使えるようなサービスを指す。固定電話の利用が世界的に減少する中,各国の通信事業者が今後の自社の戦略として重要視しているコンセプトだ。

 今回の会議には英BTや米ベルサウス,仏オレンジ,スイスコムなど世界各国の通信事業者,ノキア,独シーメンス,米HPなど主要機器ベンダーが集まり,自社の戦略を紹介。FMCサービスの実現方法やビジネスモデルの構築について活発な議論を繰り広げた。

 FMCサービスとして考えられる形態は,固定電話と携帯電話の料金を一まとめにするシンプルな形から,一つの端末と一つの番号で固定電話と携帯電話の両方を利用できる形などさまざま。一部で料金の一本化サービスをすでに開始した事業者もあるが,多くの通信事業者にとっては,FMCサービスは実現に向けてまさに動き出した段階。初日の議長を務めた米キネト・ワイヤレスのセールス部門バイス・プレジデントのピーター・シュミット氏は「2005年はFMCが産声を上げた年として後生に記憶されるだろう」と述べた。

 会議の中でも特に注目を集めていたのは,英BTが進める「Bluephone」プロジェクト。GSM(global system for mobile communications)対応の携帯電話端末にBluetoothを載せ,家の中ではBluetoothのアクセス・ポイントを使って固定電話として,家の外では英ボーダフォンのGSM携帯電話網を使って携帯電話として通話できる。これは,米キネト・ワイヤレスなどが2004年8月に規格化したUMA(unlicensed mobile access)と呼ぶ技術を用いることで実現する。2005年春にもサービス開始予定のBluephoneプロジェクトは,FMCの理想型に一歩近づいたした形として来場者の高い関心を集めていた。

 英BTのコンバージェンス・プロダクトのチーフ,ライアン・ジャービス氏(写真下)は,「2004年12月には世界で始めてUMA技術を使ったBluetooth経由の通話に成功。2005年1月にはUMA技術を使って,BluetoothとGSM間のハンドオーバーにも成功した」と現在の状況を説明。プロジェクトの実現に向けて自信を見せた。

(堀越 功=日経コミュニケーション,ロンドン発)