PR

 NTT東日本は3月23日,簡易型IP-VPN(仮想閉域網)サービス「フレッツ・オフィス」と「フレッツ・オフィス ワイド」に,新メニューを追加すると発表した。フレッツ・サービスの地域IP網とユーザーのセンター拠点をイーサネットで直結する「フレッツ・オフィス イーサネット」と「フレッツ・オフィス ワイド イーサネット」である。

 従来のフレッツ・オフィスでは,イーサネット回線を使える品目はNTT局舎で終端するメニューに限られた。このため,NTT局舎とユーザー拠点との間は別に専用線で結ぶ必要があった。新メニューは地域IP網とユーザー拠点を直接つなげられるため,より安く,柔軟にネットワークを構築できる。

 通信料金は,フレッツ・オフィス イーサネットの10Mビット/秒の品目が月額26万2500円,100Mビット/秒の品目が同116万5500円。フレッツ・オフィス ワイド イーサネットの10Mビット/秒品目が月額49万3500円,100Mビット/秒品目が同219万4500円。サービスの開始日は3月28日。

(島津 忠承=日経コミュニケーション