PR

 ホテルや喫茶店に設置するインターネット・キオスク端末を開発するソフネットジャパンは5月をめどに(*編集部注),無料IP電話ソフト「Skype」に対応させる(写真)。専用の電話機を付属した端末を用意し,まずはJR広島駅に設置する。

 JR広島駅に設置する8台のうち,改札の内側と外側3カ所にSkypeが利用できる端末を試験的に設置する。ソフネットジャパンでは利用状況を見ながら,Skype対応端末の増強を判断する。

 利用者は,SkypeのIDさえ持っていれば,通常のインターネット接続時と同じ要領で無料通話が可能。一般の加入電話にかけられる「Skype Out」も利用できる。

 ソフネット・ジャパンは,100円で一定時間インターネットを利用できるキヨスク端末「CYBER PetIT」を全国のホテルや喫茶店,コイン・ランドリーなどに展開している。「CYBER PetITの付加価値を高められる」(ソフネットジャパン)として,今回Skypeに対応することにした。

*編集部注 掲載時は,取材時の情報に基づき「4月12日から」としていましたが,ソフネットジャパンからの申し入れにより,「5月をめど」に変更しました。

お詫びと訂正)掲載時は「キヨスク端末」としておりましたが,JR西日本が管理・運用する売店「キヨスク」と混同される恐れがあるため,「キオスク端末」に訂正いたしました。表記に不適切な点がありましたことを詫び致します。