PR

 英BTが2004年6月に発表した固定電話網のIP化計画「21st Century Network Program(21世紀ネットワーク計画)」は世界各国の通信業界に驚きを与えた。今年4月28日には,調達をかけるベンダー8社を発表した。選定したのは,仏アルカテル,スウェーデンのエリクソン,米シエナ,米シスコシステムズ,独シーメンス,中国のファーウェイ・テクノロジーズ,富士通,米ルーセント・テクノロジーズの8社である。BTの今回の発表は,同様に固定電話網のIP化計画を発表済みのKDDIやNTT持ち株会社には見えていない具体的な動きだ。そこで,BTグループ・テクノロジー&イノベーション副社長のヨン・キム氏に,調達計画の進展など最新の状況を聞いた。(聞き手は山根 小雪=日経コミュニケーション