PR

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は6月14日,本社ビル(東京都千代田区内幸町)で最大約1万3000件の個人情報が入ったパソコンを盗まれたことを明らかにした。盗まれたのは派遣社員が使っていたノート・パソコン。6月7日に本社ビル内の座席キャビネットに収納したが,6月9日早朝に紛失が判明,社内調査で発見できなかったため盗難と判断したという。

 盗まれたノート・パソコンに入っていたのは,マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」に2005年2月から5月の間に申し込みをしたユーザーの個人情報。情報の中身は契約者の名前,マンション名,部屋番号,電話番号,IPコネクト回線ログインID,IPコネクト回線認証パスワードである。ただし口座番号やクレジットカード番号などは含まれていないという。

 盗難に遭ったノート・パソコンには,ICカード認証とファイルの暗号化によるセキュリティ対策が施されており,今のところ個人情報が流出している事実は確認されていない

 ノート・パソコンに個人情報が入っていた契約者に対しては,NTTコムもしくはユーザーが契約するマンションのインターネット接続事業者から書面や電話で通知する。

(中村 良輝=日経コミュニケーション